カテゴリー
映画

レミーのおいしいレストランのあらすじ

ネズミが料理?可能性は誰にでもある!前向きな気持ちになれる映画「レミーのおいしいレストラン」がオススメ!

2007年に公開されたPIXERの長編アニメーションです。

PIXERは、「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」なども名高いですよね。

子供から大人まで世代を問わず愛される作品が数多くありますが、「レミーのおいしいレストラン」は社会で戦う大人に是非とも観てほしい、前向きで温かい気持ちになれる作品です!

物語の舞台はフランス

主人公はパリ郊外に住んでいるネズミのレミーです。

家族や仲間と寝食を共にするネズミたちは、生きるために何でも食べるのですが、レミーだけは違います。

文字を学び、レシピ本を読んで料理を研究するレミーは、尊敬するシェフ、グストーの「料理は誰にだって出来る」という言葉を胸にフランス料理のシェフを夢見ています。

ある日、住処が人間に見つかり、命からがら逃げ出したレミーは家族と離れ離れに… 。

孤独に耐えながら辿り着いたのは、今は亡き憧れのシェフ・グストーのレストラン。

そこで見たのは料理が下手な青年・リングイニが、めちゃくちゃな料理をしていたところでした。

我慢できなくなったレミーが、人間に見つからないようにパパッと味を治すと評論家が絶賛する料理に変身。

一部始終を見ていたリングイニは、仲間達からネズミを殺せと言われるも、心通じ合うネズミの才能を見て見ぬ降りなどできず、二人で力を合わせてパリ一番のシェフを目指すことにしました。

レストランで唯一の女料理人・コレットの指導を受け、少しずつ料理人らしくなっていくリングイニ。

けれども、面白くないのはグストー亡きあとに経営を任されたスキナー料理長でした。

冷凍食品で一儲けと考えていたところへ届いた1通の手紙。

なんとリングイニがグストーの息子であるとのこと!

リングイニが息子だとすれば、スキナー料理長はレストランを譲らなければなりません。

何とか阻止しようと手紙を隠し、真意を確かめるためにDNA鑑定をするうちに、レミーの存在を疑い始めていました。

そんなとき、レミーはあの手紙を見つけます。

スキナー料理長から手紙を奪い返し、晴れて経営者となったリングイニでしたが、試練はまだ先にありました。

立ちはだかるのは最大の敵、辛口料理評論家のイーゴです。

彼の批評で5つ星から4つ星になったグストーのレストランは、リングイニに代わったレストランの味を再評価することになりました。

いざ、イーゴとの対決!

そんなとき、レミーとリングイニは喧嘩をし、友情が壊れかけてしまうのです。

さらに、レミーの存在を知ったスキナー料理長は誘拐を企みましたが、再会したレミーの家族たちの助けでなんとか逃げることができました。

家族のところへ戻るのか、料理の世界に戻るのか選択を迫られたレミー。

意を決して、レストランに戻ることにしたのですが、レミーの姿をみた料理人達は次々と店を去ってしまいます。

カテゴリー
音楽

日本人作曲家の音楽

日本人作曲家の残した音楽って、どれくらい有名なものがあるのだろう。

まずは、滝廉太郎。「花」や「荒城の月」が有名だが、「荒城の月」は、賛美歌にもなっているとかいう話も聞く。

それから、ピアノ曲で「憾(うらみ)」というのがある。芥川也寸志氏等はしばしばテレビ等でこの曲を紹介していた。

次は山田耕作。
「からたちの花」とかが有名だけど、歌劇「香妃」という作品がある。

彼の死後、團伊玖磨によってオーケストレーションされたこの曲は1981年に初演され、私も見に行っている。

感想は、何度も繰り返される主題だけがなんか鼻についてしまい、あまり面白いという風には捉えられなかった。

それから、矢代秋雄のピアノ協奏曲、尾高尚忠のフルート協奏曲、黛敏郎の涅槃交響曲、そして、アラム・ハチャトゥリアンの弟子である芥川也寸志の交響三章、等、有名な曲が並ぶが、海外ではあまり演奏されていない。

海外といえば、NHK交響楽団がヨーロッパ公演の時に、アンコールとして持って行った外山雄三の「管弦楽のためのラプソディ」も有名であろう。

この曲は民謡がふんだんに用いられているから親しみがわく。

後は、やはり武満徹を外すわけにはいかない。

いろいろな作品があるが、この人を有名にしたのは「ノベンバー・ステップス」かな。

オーケストラに琵琶と尺八が非常に日本的に絡んでくる。

西洋の人にとっては衝撃だったに違いない。

琵琶といえば、小沢=ボストン交響楽団の中国公演で競演した呉祖強の「草原の小姉妹」という琵琶協奏曲があるが、こちらは明朗快活な琵琶で日本との国民性が出ている。

後は、ゴジラを作曲したおなじみ伊福部昭が有名だが、伊福部以外にも、間宮芳生、別宮貞雄、松村禎三、石井眞木、林光、広瀬量平、小山清茂、池辺晋一郎、三善晃、湯浅譲二、吉松隆なんてビッグネームもあったりする。

この中では三好晃の「急の曲」がクルト・マズア指揮、ライプチッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の日本公演で日本音楽集団と共に演奏されており、私も見に行っている。

マズアは、この曲が好きだったみたいだ。でも、和楽器が無い西洋では演奏しづらいであろう。

例えば、ハンガリーの作曲家コダーイがツィンバロムを「ハーリ・ヤーノシュ」で使うと、ツィンバロムは世界で市民権を得た。

ただ、非常に難しい楽器なので、ツィンバロム奏者がいないと「ハーリ・ヤーノシュ」はできない。

それにも関わらず、「ハーリ・ヤーノシュ」は世界で演奏されている。

そこまでの魅力が曲にあるからだ。尺八や琴を加えた楽器で、日本の魅力を引き出した曲で世界中で演奏されている曲をまだ私は知らない。

カテゴリー
音楽

ヴェルディの椿姫

数多く有名なオペラを作った19世紀の作曲家ヴェルディで、これもその1つであるLaTraviata(椿姫)です。

ストーリーの概要は、高級娼婦ヴィオレッタが、彼女を愛する純朴なアルフレードに、愛を告げられ悩むがその愛を受け入れ自堕落な生活をやめることを決心します。

しかし、その生活はアルフレードの妹の婚約にこのヴィオレッタの存在が影響することを危惧したアルフレードの父親に、引き裂かれてしまいます。

別れてくれと強要され、一旦拒否しますが最終的に別れることを承知した彼女がアルフレードに内緒のまま別れの手紙を出します。

何も事情のしらない彼は、フローラのパーティに招待されていたヴィオレッタに対して、同席した男爵との仲を追求しもう一度自分と一緒になってほしいと迫ります。

しかし、別れる事を決意しているヴィオレッタはアルフレードの追及に男爵を愛していると伝えます。

その告白に、彼は怒りに逆上して彼女を罵倒し侮辱します。

以前から病を患っていたヴィオレッタ。

パリの自宅で病床に伏しているところに、真相をしったアルフレードが駆けつけて「パリを離れ…」という有名なデュエットで一瞬希望を歌うが、絶望的な状況はかわらずアルフレードの父親も謝罪に来るが、まもなくヴィオレッタは死んでしまうという悲劇的な純愛物語です。

このイタリア・オペラを代表するようなストーリーと素晴らしい音楽で特に人気も高く、数多く上演されレコードやCD、DVDもたくさん発売されています。

個人的には、私の買った最初のオペラのレコードが、この椿姫だったので特に思い出が深いです。

その後沢山のCDも買いましたが、最初に買ったレコードであるカルロス・クライバーの早いテンポで劇的な椿姫が大好きです。

アルフレード役のドミンゴ等豪華なキャストで、特にイレアナ・コトルバスの少し愁いを持ったのびやかなソプラノは素晴らしいの一言です。

カテゴリー
脱毛

★こんなの初めて★ 今までにない程のお肌ツルツル体験!

期間限定初回たったの2000円!
続けたくなる魅力はこのピカピカツルツルお肌★

週にたったの1回通うだけ。
あなたが求めるツルツルお肌⇒ゆで卵の殻をむいたツルツルお肌が実現します!

★只今男性にも人気の脱毛です★

スタッフはいつも笑顔で親切です。
色々質問してみてくださいね。

まずはご予約のお電話かWEBで来店希望日を入力してみてください。

★完全個室★
★カウンセリング親切★
★あなたにあった楽な来店時間で始められます★
★悩むよりまず体験★
★効果が早いから長引かない安心プラン★
★信用第一★
★楽しくすぐ変化が実感出来ます★
★見つめられることの自信★
★女性お一人でも、お友達と一緒でもすぐ効果的★
★機械は最新肌に負担のない安心安全の超音波で優しく脱毛★
★ここから人生が変わります★
★美しくキレイは絶対条件★
★只今初回体験された方に特別プランあり必見★
★今すぐスタート★
★この春から始める1番キレイにかわれる変身プランをご用意しております★
★今すぐアクセス!★

>>ストラッシュ

学生時代に友達に勧められて・・・

脱毛サロンの無料体験に行ったことがきっかけで、2年近く通いました。

結論から言うと、脱毛して本当によかったです。

私は夏が大好きで、夏になると海に行くので、水着になることが多いことと、ノースリーブの服を着ているときに電車の吊り革に掴まるのが恥ずかしいので、脇の毛があることに悩んでいました。

でも、脱毛サロンは勧誘がすごいとか、皮膚トラブルがあるとか、こわい話も聞いていて、躊躇していました。

そこで、友人が通っているお店を紹介してもらい、行ってみました。

初回はとても緊張していましたが、受付のスタッフさんが親切で、支払いの説明も丁寧でした。

クーリングオフが出来ること、途中解約は残りの回数分を返金してくれることなど、きちんと明確にされていました。

また、施術中の勧誘はなく、緊張を和らげるようなトークで楽しい雰囲気にしてくれました。

目を隠しているので、スタッフさんが1つ1つ行動するときに、今から何をするか言ってくれるので、不安もありませんでした。

ちなみに、わたしの通っている脱毛サロンでは、衛生上の問題とお肌のトラブルの関係から生理日は完全に施術は受けておらず、他の日に振り替え可能でした。

予定通りの回数で脇の脱毛が終わり、続けて膝下もきれいにしてもらい、大満足です。

大学生くらいの時からの憧れ

働き始め自分で自由に使えるお金が増えたことで、気になっていた所に通い出すことにしました。

誕生日のときの無料お試しキャンペーンで体験してみて、そして、そこで脱毛の契約をして始めてみることにしました。

結果として、もっと早くに行けば良かったと思うくらいに、脱毛の効果を感じていて大満足です。

学生の時から、むだ毛処理は、自宅でカミソリや毛抜きを使っていました。

自己処理なので、むだ毛がどんどん太くなり、肌は色素沈着で黒ずんできてしまっていました。

脱毛サロンで脱毛をしてもらうようになってから、肌にストレスがかからなくなったために、肌がきれいになり、むだ毛もどんどん減ってきて、今まで肌を出す服装が嫌いだったのですが、好きな洋服を選べるようになり、洋服選びも楽しくなったのです♪