カテゴリー
映画

レミーのおいしいレストランのあらすじ

ネズミが料理?可能性は誰にでもある!前向きな気持ちになれる映画「レミーのおいしいレストラン」がオススメ!

2007年に公開されたPIXERの長編アニメーションです。

PIXERは、「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」なども名高いですよね。

子供から大人まで世代を問わず愛される作品が数多くありますが、「レミーのおいしいレストラン」は社会で戦う大人に是非とも観てほしい、前向きで温かい気持ちになれる作品です!

物語の舞台はフランス

主人公はパリ郊外に住んでいるネズミのレミーです。

家族や仲間と寝食を共にするネズミたちは、生きるために何でも食べるのですが、レミーだけは違います。

文字を学び、レシピ本を読んで料理を研究するレミーは、尊敬するシェフ、グストーの「料理は誰にだって出来る」という言葉を胸にフランス料理のシェフを夢見ています。

ある日、住処が人間に見つかり、命からがら逃げ出したレミーは家族と離れ離れに… 。

孤独に耐えながら辿り着いたのは、今は亡き憧れのシェフ・グストーのレストラン。

そこで見たのは料理が下手な青年・リングイニが、めちゃくちゃな料理をしていたところでした。

我慢できなくなったレミーが、人間に見つからないようにパパッと味を治すと評論家が絶賛する料理に変身。

一部始終を見ていたリングイニは、仲間達からネズミを殺せと言われるも、心通じ合うネズミの才能を見て見ぬ降りなどできず、二人で力を合わせてパリ一番のシェフを目指すことにしました。

レストランで唯一の女料理人・コレットの指導を受け、少しずつ料理人らしくなっていくリングイニ。

けれども、面白くないのはグストー亡きあとに経営を任されたスキナー料理長でした。

冷凍食品で一儲けと考えていたところへ届いた1通の手紙。

なんとリングイニがグストーの息子であるとのこと!

リングイニが息子だとすれば、スキナー料理長はレストランを譲らなければなりません。

何とか阻止しようと手紙を隠し、真意を確かめるためにDNA鑑定をするうちに、レミーの存在を疑い始めていました。

そんなとき、レミーはあの手紙を見つけます。

スキナー料理長から手紙を奪い返し、晴れて経営者となったリングイニでしたが、試練はまだ先にありました。

立ちはだかるのは最大の敵、辛口料理評論家のイーゴです。

彼の批評で5つ星から4つ星になったグストーのレストランは、リングイニに代わったレストランの味を再評価することになりました。

いざ、イーゴとの対決!

そんなとき、レミーとリングイニは喧嘩をし、友情が壊れかけてしまうのです。

さらに、レミーの存在を知ったスキナー料理長は誘拐を企みましたが、再会したレミーの家族たちの助けでなんとか逃げることができました。

家族のところへ戻るのか、料理の世界に戻るのか選択を迫られたレミー。

意を決して、レストランに戻ることにしたのですが、レミーの姿をみた料理人達は次々と店を去ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です